調剤薬局の情報が満載!

当サイトでは薬剤師の中でも責任のあるポジションである管理薬剤師にスポットを当てており、その業務や役割、求められるスキルなどのさまざまな事柄について説明しています。
また調剤薬局で利用可能な介護サービスや実行している監査、市場分析などに関する情報も取り扱っており、職場環境とともにそこでの仕事内容や特徴といったものもピックアップすることで、身近に存在しながらも意外と知られていない仕事内容について詳しく紹介しています。

調剤薬局の管理薬剤師について

調剤薬局の管理薬剤師について 管理薬剤師といえば、薬剤師の中でも他の薬剤師を管理したり教育指導する立場ではありますが、それだけが仕事というわけではありません。
さらに職場についてもドラッグストアや製薬会社、病院や一般企業など、薬が関係しているところならばどこでも求められる傾向にありますが、やはり一番多く就労しているのは調剤薬局です。
そんな調剤薬局では従業員の管理や教育とともに医薬品の管理も実施しており、他にも顧客である患者に対しても責任があるので、医薬品の説明や利用できる介護など、サービス内容についての説明といった接客スキルも求められ、服薬指導後の副作用などのトラブルについても情報収集や報告などを実施することもあります。
それゆえに業務内容は多岐にわたるので豊富な知識と経験を身に着けることが可能であり、スキルとともに人間性も高めることができるポジションでもあります。

調剤薬局などにおける管理薬剤師の役割とは

調剤薬局などにおける管理薬剤師の役割とは 調剤薬局には薬剤師という職業の方が働いています。
薬剤師は医薬品の幅広い知識を持っていて、調合などを行う役割を果たします。
医薬品を販売するためには薬剤師資格を持っている方が働いていることが条件となります。
そのため、調剤薬局だけでなくドラッグストアなどでも必要とされる資格です。
薬剤師の中でも管理薬剤師として働いている方がいます。
管理薬剤師はそのお店で働いている人員や物資などを管理し、お店の経営が順調に行えるように働きます。
薬局も小売店の1つであり、様々なものを販売する必要があります。
競合店などが幅広く存在する中で売り上げを確保していくためには重要な役割となっています。
管理薬剤師になると基本的には給料が上昇します。
そのため、薬剤師のキャリアアップとしても捉えられています。
一方で仕事内容は医薬品以外の人事などに及ぶため、医薬品だけの仕事をこなしたい方には向かないかもしれません。
逆に薬品だけでなく、幅広く店の運営に関わりたいという方にはやりがいのある仕事です。
これらの部分が製薬会社での業務と真逆になっているので薬剤師の転職の判断材料ともなることがあります。
ドラッグストアなどでもこの仕事の役割は重要です。

M&A関連情報

調剤薬局 M&A

新着情報

◎2018/11/16

調剤薬局事務の仕事内容を紹介
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「薬局 薬剤師」
に関連するツイート
Twitter

薬局開設者、店舗販売業者、配置販売業者から指定されるそれぞれの管理者は、薬局については薬剤師、店舗販売業者と配置販売業者については、薬剤師か登録販売者でなければなりません。

6年制の新カリキュラムに変わってから3期の実習期間が11月から始まり1月終了になったんだってねー。 これはいかに薬局長や他の薬剤師、そしてスタッフさんと仲良くなるかが、鍵になってきますね。 忘年会、そして新年会 これはもう実習生としても楽しいんじゃない⁉️病院の忘年会出てみたい!

Twitterひろあき@薬剤師の挑戦@pharm_challe

返信 リツイート 46分前

薬剤師の職場の種類 薬剤師の業種は、意外とたくさんあります。 ・調剤薬局 ・病院 ・ドラッグストア ・製薬会社 ・公務員 ・メーカー ・薬剤師業界に携わるIT系 ・物流倉庫 ・出版社 ・コールセンター ・通販会社

Twitter薬剤師転職ガイド@yakuzaishi_rule

返信 リツイート 5:10

◇年収アップのためのステップ 薬剤師は年収アップのための手段の一つとして転職は有効です。 調剤薬局だと650万円くらいまでは転職で叶います。 それ以上もらうには、その職場でキャリアアップを目指す必要があります。

Twitter薬剤師求人相談@yakuzaishi_job_

返信 リツイート 5:10

病院の薬剤部がブラックかどうかは、職場によって全然違います。 大手の調剤薬局のように薬剤師の移動ができないので、転職前のチェックが一番重要です。 そのためには、転職サイトのコンサルタントに見学や職場体験ができるか確認をとってもらうと良いです。 #薬剤師転職攻略

Twitter薬剤師の転職相談@tensyoku_theory

返信 リツイート 5:10

●年間休日140日の薬剤師の職場● 営業時間が長めの調剤薬局だと、1日に長く働く代わりに、年間で140日の求人がある求人があります。 合計の通勤時間も減るので効率が良いです。平均の120日より断然多いです。 転職サイトのコンサルタントにお願いすると探してくれます。

Twitter薬剤師の相談員:転職サイトのノウハウ@pro_yakuzaishi

返信 リツイート 5:10

病院の薬剤部がブラックかどうかは、職場によって全然違います。 大手の調剤薬局のように薬剤師の移動ができないので、転職前のチェックが一番重要です。 そのためには、転職サイトのコンサルタントに見学や職場体験ができるか確認をとってもらうと良いです。 #薬剤師

Twitter薬剤師の転職サイトで給料アップ@yakuzaishi_up

返信 リツイート 5:10

●年間休日140日の薬剤師の職場 営業時間が長めの調剤薬局だと、1日に長く働く代わりに、年間で140日の求人がある求人があります。 合計の通勤時間も減るので効率が良いです。平均の120日より断然多いです。 転職サイトのコンサルタントにお願いすると探してくれます。

Twitter薬剤師年収アップ相談@pharmacist_net

返信 リツイート 4:40

[ブラックな病院の見分け方] 病院の薬剤部がブラックかどうかは、職場によって全然違います。 大手の調剤薬局のように薬剤師の移動ができないので、転職前のチェックが一番重要です。 そのためには、転職サイトのコンサルタントに見学や職場体験ができるか確認をとってもらうと良いです。

Twitter薬剤師の転職相談員@carrier_soudan

返信 リツイート 4:10

この委員の方々は今までどんな薬剤師と接してきたんでしょうね。本当に実情を理解しているのか疑問。日薬じゃなくJACDSに出てもらえば良かったのでは?利益追求がおかしいなら株式会社の薬局経営を禁止すればいいし。医療だって利益の上に成り立っている。