調剤薬局の市場分析

調剤薬局の市場分析

調剤薬局の市場分析 どの場所に調剤薬局を設ければ売り上げを上げることが出来るのかよく考える必要がありますが、それを調査するのは素人ではかなり難しいです。
そのためこのことで悩んでいる人が大勢いますが、今では調剤薬局の市場分析を行っている会社が沢山あり気楽に頼むことができます。
こういったことを調べるのは慣れてないと大変なことですが、プロの視点に立って研究をすればそれほど難しいことではないので心配することは何もないです。
ただ依頼する時にはある程度お金がかかるのでこの点に関しては注意する必要がありますが、殆どの会社では事前に見積書を出してくれます。
見積書を出してもらい納得したら頼めば良いので何も悩むことはありませんし、お金がかかるようでしたら専門の本を購入して調べると言う方法もあります。
最近では調剤薬局の市場分析に関して書かれている専門書も沢山ありインターネットを利用して簡単に購入することが出来るので、それを使って自分で研究することもできます。

調剤薬局の市場規模や今後の展望や動向について

調剤薬局の市場規模や今後の展望や動向について 調剤薬局のM&Aは、経営者の高齢化を初め、業界の先行き不安や薬剤師の不足、大手の調剤M&A攻撃などにより飛躍的に増加傾向にあると言われています。
日本全国にある薬局の数は約5万8店舗で、コンビニエンスストアの数が全国で約5万5千店舗あると言われていることからも、調剤薬局の数はコンビニエンスストアの数よりも若干多い程度にとどまります。

大手調剤チェーンを初め、大手ドラッグストアのシェア率はトップ企業で僅か2.8%に過ぎません。
上位10社でも15.8%など、市場の約7割は個人薬局で、マーケットリーダーと呼ぶ企業がない市場とも言えましょう。
利益構造においては、政府の医療費削減方針は続行すると予測されており、薬価の引き下げ、調剤報酬の下落などにより、調剤薬局の利益は縮小傾向にある、規模の経済が働きやすい業界などからも、大手調剤チェーンのスケールメリットに繋がる合併や買収は今後も加速化されるなどの動向を持ちます。

新着情報

◎2019/8/9

調剤薬局が取るべき対策とは
の情報を更新しました。

◎2019/6/13

最近の動向と今後の見通し
の情報を更新しました。

◎2019/4/1

調剤をしている薬剤師について
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

調剤薬局の市場分析
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

調剤薬局事務の仕事内容を紹介
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「薬局 市場」
に関連するツイート
Twitter

ドラッグストアでも人気のオールインワン化粧品※注意点はあるの? #コスメ 基礎化粧品をよく購入する場所として、ドラッグストア・薬局が多数を占めているという市場調査がありました。プチプラなものから大手メーカーのものが比較して購... micate.info/biyou/post-142…

ドラッグストアの次のターゲットは、調剤薬局市場(7兆6600億円)とのこと。調剤薬局市場規模が意外と大きい。 newspicks.com/news/4143324

返信先:@gaiko_kujin他1人 これはわりと定番の失敗で、、薬剤師と相談しながら使うといいんですが…😳 薬局市場化(規制緩和)し過ぎると、そんなことみんな分からなくなってしまって、病院以外がカオスになるぞという、かつて予言されていた未来ですね😩😩

ってか国内のIT企業の市場規模も15兆くらいだから、薬局ドラッグストアすげぇな。

Twitter濱口晋吾@求人鑑定人@hamashin_hr

返信 リツイート 昨日 11:27

最近友達が言ってたドラッグストアの話が早速ニュースに。 ①市場規模は百貨店超え ②バリューチェーンを調剤に伸ばす ③マツキヨとスギ薬局が調剤に強いココカラファインの買収を検討 ④化粧品事業と合わせた事業ポートフォリオの分散と、出店地域分布を理由にマツキヨと連携 newspicks.com/news/4143324

Twitterハリー@ラクスル19新卒@harryharry1128

返信 リツイート 昨日 9:30

ドラッグストアより調剤薬局の方が市場規模が大きいとは、、、 記事の本筋からずれて、医療費削減の重要さを感じてしまいます。 / 【解説】大再編時代に突入した、ドラッグストア業界を整理する #NewsPicks npx.me/ouZC/MpVC?from…

[憲法] 職業選択の自由:営業の自由も含む。 規制:消極目的規制→生命・健康に対する危険防止 積極目的規制→弱者保護のため。 判定基準:消極→厳格な合理性 積極→明白性の原則 薬局距離制限(消極)→違憲 小売市場・公衆浴場距離制限(積極)→合憲 酒類販売業免許制(財政目的)→合憲

Twitter無題ちゃん@公務員試験@mudaichan_bot

返信 リツイート 昨日 5:26

[憲法] 職業選択の自由:営業の自由も含む。 規制:消極目的規制→生命・健康に対する危険防止 積極目的規制→弱者保護のため。 判定基準:消極→厳格な合理性 積極→明白性の原則 薬局距離制限(消極)→違憲 小売市場・公衆浴場距離制限(積極)→合憲 酒類販売業免許制(財政目的)→合憲

Twitter無題ちゃん@公務員試験@mudaichan_bot

返信 リツイート 8/15(木) 5:26

返信先:@scententia 空気を読む民族ですからね…! あれ?みんなそうなの?な空気を作れるかかなと。 にしても、たしかにプルーオムの事例はそうですね。。どの薬局に行っても売ってる的な接触機会の多さってのも強かったなぁ。 市場拡大が難しいから、金額が上がってるとこもあるでしょうしね。。うーむ…なるほど。。

自分「スギ薬局、こんだけ暑いし経口補水液とか色々売れるやろ、買っとくか」 市場「下がりトレンドです」 自分「うーん、見込み違いか。そろそろ損切りしとこ」 市場「ピュ、急騰します!」 自分「嘘やろ!?」 市場「まれに、よくある事です」 自分「マイナスにならなかっただけマシか・・・」 pic.twitter.com/qutLzK7e9B